【酢キャベツ】痩せ菌を増やしてダイエットに効果的!簡単人気レシピ

酢キャベツ レシピ

今注目されているダイエット食品「酢キャベツ」はご存知でしょうか?メディアでもよく取り上げられているので耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回はこの酢キャベツと、これまた注目されている「デブ菌」について詳しくご紹介したいと思います。簡単に痩せたい人は必見です!

スポンサーリンク

痩せないのは腸内のデブ菌が原因!?

腸内のデブ菌

ダイエットを頑張っても中々痩せないのは「デブ菌」が原因かもしれません。少々びっくりするネーミングですが、このデブ菌は誰の腸内にもいるもので、その比率が大きい人ほど痩せにくいということが研究で分かったそうです。

そもそもこの菌は腸内にいる悪玉菌の一つ。有害物質を作り出すといわれています。

腸内での比率は【ヤセ菌:デブ菌=6:4】が良いとされていて、デブ菌の割合が多くなると肥満になる可能性が高くなります。

ではなぜ肥満になりやすいのでしょうか。それはデブ菌が体内で消化されたものを体内へ吸収してしまうからなんだとか。なので頑張ってヘルシーな食事をしていても吸収されやすいと普通の人に比べて太ってしまうということですね。

デブ菌のチェック方法は?

デブ菌のチェック方法

では一体どれだけのデブ菌が自分の腸内にいるのか気になりますよね。次の項目にいくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

【デブ菌チェック】

  1. 小食だけど太っている。
  2. ダイエットしているのに成果が出ない。出ずらい。
  3. 発酵食品を普段あまり食べない。
  4. 風邪を引きやすい。
  5. お肌の調子が悪い。
  6. 運動不足。
  7. 便やおならがとても臭い。
  8. 便秘や下痢になりやすい。

以上8項目にいくつチェックが入りましたか?4個以上当てはまるようならデブ菌が多い、またはこれから増える可能性があるので注意しましょう。

世界一受けたい授業で紹介されたデブ菌の減らす方法

デブ菌の減らす方法

デブ菌は普段の生活で減らすことが出来ます。逆を言うと誰でも増えてしまう可能性があるということ。まずは毎日の生活を改善していきましょう。

【デブ菌を減らす方法】

①食事
腸内環境を整えるにはまずは食事を見直します。食物繊維が豊富で低脂肪な食材を積極的に取り入れましょう。

②運動
腸を動かすには運動が効果的です。腸を刺激するストレッチなどをやってみましょう。

③乳酸菌の摂取
腸内環境を整えるには乳酸菌は不可欠です。善玉菌を増やす効果があるのでヨーグルトなどを取り入れてみてください。手軽にサプリメントなどでも問題ありません。

スポンサーリンク

簡単酢を使った酢キャベツの作り方は?

デブ菌を減らす方法でおすすめなのが「酢キャベツ」です。食物繊維も豊富なので毎食取り入れることで腸内環境が整い、デブ菌を減らす効果が非常に期待出来ますよ。

★酢キャベツのレシピ★

酢キャベツ

【材料】

  • キャベツ 1/2個
  • 塩 小さじ2
  • 酢 200ml

※りんご酢にするとまろやかになり刺激が少ないのでおすすめです。

【作り方】

  1. キャベツは千切りにしてからポリ袋に入れ、塩を加えて揉みます。しんなりするまで!
  2. しんなりしたら酢を加えて軽く揉みます。
  3. 冷蔵庫に半日寝かせたら完成です。

毎日100gを目安に食べるのがいいですよ♪

酢キャベツを使った人気簡単レシピ

酢キャベツチャーハン

テレビでも紹介されたおすすめレシピが「酢キャベツチャーハン」です。熱が入ることで酸味も和らぐので、酢が苦手な人にもぴったりですよ。

【材料】

  • 酢キャベツ 50g
  • ピーマン 25g
  • 塩さば 25g
  • 卵 1個
  • 玄米ご飯(普通の白米でもOK) 125g
  • サラダ油 大さじ1/2
  • 塩 少々
  • エゴマ油(あれば) 小さじ1
    <A>
  • 酢キャベツ漬け汁 大さじ1
  • 醤油 大さじ1/2

【作り方】

  1. 酢キャベツは粗みじん切りにし、ピーマンは7〜8mmの角切りにします。塩さばはあらかじめ焼いほぐしておきましょう。卵は溶きほぐしてください。
  2. フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱します。
  3. (2)に塩さば、ピーマンを加え炒め、塩で味を調えます。
  4. 溶き卵を流し入れてからご飯を加え、炒め合わせていきます。
  5. パラパラになったら弱火にして酢キャベツを加えましょう。
  6. 鍋肌からAを回し入れて手早く炒めてください。
  7. 器に盛り、えごま油を回しかけたら完成です。

酢キャベツの食べ方や注意点は?

酢キャベツの食べ方

酢キャベツは1食100gを目安に食べてください。そのまま食べてもいいですし、何かの料理と組み合わせてもOKです。アレンジしやすので飽きずに取り入れることが可能です。

ただし食べ過ぎには注意しましょう。酢は胃や腸にとっては刺激になります。食べ過ぎると胃が荒れることもあります。

またキャベツに含まれる食物繊維は不溶性です。食べ過ぎるとかえって便秘になることもあります。1日3食取り入れるのがベストですが、どうしても難しいときは夕食に食べるのがおすすめですよ。

酢キャベツの保存方法について

酢キャベツの保存方法

酢キャベツは日持ちするのでたくさん作っておくと便利ですね。だいたい2週間ほどで食べ切る量がいいでしょう。

作った酢キャベツは冷蔵庫で保存してください。手間をかけたくない人は保存袋のまま冷蔵庫に入れておいても問題ありません。

デブ菌は極力減らしたいですよね。酢キャベツなら簡単にすぐに始められるのでいいですね♪腸内環境が整えばお肌の調子も良くなるので一石二鳥ですよ。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする