バルサミコ酢の健康効果や味とは?ワインビネガーとの違いは何?

バルサミコ酢

「バルサミコ酢ってよく聞くけど、一体どんな味なの?」「ワインビネガーとは別物?」そんな疑問はないでしょうか。

スーパーでも目にするようになったバルサミコ酢ですが、どのような料理に使うのかちょっと悩んでしまいますよね。

今回そんなバルサミコ酢のちょっとした疑問を解決していきますよ♪

スポンサーリンク

バルサミコ酢の効果や効能は?

酢の効果

画像引用元:http://next.spotlight-media.jp/article/226644071362223206

バルサミコ酢は今では簡単にスーパーでも手に入るようになりました。もっともイタリアでは欠かせないお酢なんですよ。そんなバルサミコ酢の効果は「疲労回復」「血液をサラサラに」「殺菌効果」「消炎作用」「食欲増進」となんといっても「エイジング効果」なのだとか!

・疲労回復
酢に含まれるクエン酸が疲労の原因となる乳酸などを分解してくれます。

・血液サラサラ効果
バルサミコ酢にはポリフェノールが豊富に含まれています。このポリフェノールが血液をサラサラにしてくれます。ということは高血圧の予防にもなりますね!

・殺菌効果
コップ1杯の水に大さじ1杯のバルサミコ酢を入れてうがいをすると歯周病や口臭の予防になるんだそうです。

・消炎作用
クエン酸には消炎作用があり、口内炎や肌荒れにも効果的です。

・食欲増進
バルサミコ酢の香りは食欲中枢を刺激するので、夏場など食欲の無い時にぴったりです。

・エイジング効果
バルサミコ酢はブドウ果汁を煮詰めて熟成させたものです。その為ポリフェノールの量はワインにも引けを取りません。ポリフェノールは抗酸化作用があり、アンチエイジングにはかかせない成分です。美肌だけに限らず生活習慣病の予防にもなりますよ。

バルサミコ酢の味はどんな感じ?

バルサミコ酢の味

画像引用元:https://macaro-ni.jp/39933

そんな栄養満点のバルサミコ酢ですが、味はやはり普通の酢とは異なります。ブドウ果汁を熟成したものなので少し渋みもありますが、干しブドウのような甘みもほのかにします。比較的まろやかな味ですよ。

スポンサーリンク

バルサミコ酢の使い方はこちら

バルサミコ酢の使い方

画像引用元:http://kurozu-supple.org/knowledge/684/

普段使う酢のかわりに使っても問題ありませんが、ちょっと癖があるので量には気をつけましょう

オリーブオイルと混ぜればドレッシングになりますし、しょう油と一緒に使えば豚肉や鶏肉のソテーにもぴったりの簡単ソースになります。煮込み料理に入れても味わい深くなって美味しいですよ。

ワインのように芳醇な香りと酸っぱさで食欲をそそるバルサミコ酢をつかったおしゃれなレシピをご紹介します♪

★ジューシーチキンのバルサミコ酢ソースがけ

バルサミコ酢ソースがけ

画像引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/450052/

◎材料◎

  • 鶏もも肉・・・300グラム
  • ベビーリーフ・・・適量(お好みで)
  • バルサミコ酢・・・大さじ3
  • 白ワイン・・・大さじ1
  • しょう油・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1

◎作り方◎

  1. 鶏もも肉を一口大に切り、皮目を下にして、フライパンで焼きます。この時、鶏皮か脂が出るので、フライパンに油はひかなくても大丈夫です。
  2. 皮にいい色が付き、焼けたらひっくり返して、蓋をします。蒸し焼きにするイメージです♪
  3. 鶏もも肉を蒸し焼きにしている間に準備した調味料を全て混ぜ合わせ、バルサミコ酢ソースをつくります。
  4. 肉に火が通ったら、合わせておいたソースをフライパンに回しいれて、からめます。
  5. お皿にジューシーに焼けたチキンとお好みで用意したベビーリーフを盛り付けたら出来上がりです。

食欲のない時にも美味しくさっぱり頂ける一品です♪

★色々キノコのガーリック炒め~バルサミコ酢ソースをかけて~

キノコのガーリック炒め

画像引用元:https://www.kurashiru.com/tags/2246

◎材料◎

  • 豚肩ロース・・・100グラム
  • しめじ・・・1/2パック
  • えのき・・・1/2パック
  • エリンギ・・・1本
  • 玉ねぎ・・・中1/2個(スライスしたもの)
  • ニンニク・・・1片(粗みじん切りにしたもの)
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • バター・・・約10グラム
  • 塩コショウ・・・適量
  • ブラックペッパー・・・適量
  • バルサミコ酢・・・大さじ3
  • しょう油・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1

◎作り方◎

  1. まずは、バルサミコ酢ソースを作ります。ボウルにバルサミコ酢、しょう油、砂糖を全て入れて混ぜ合わせた後、フライパンで一煮たちさせ、バターを加えたら少し煮詰めます。とろみを感じたらソースの出来上がりです。
  2. 次に豚肉とキノコを一口大に切ります。
  3. オリーブオイルをひいたフライパンで先にニンニクをいれてから、豚肉、玉ねぎをいれ中火で炒めます。
  4. 軽く中のものが炒められたら、強火にし、キノコを入れ炒めます。
  5. 塩、コショウで軽く味をつけたら、フライパンに最初に作ったソースを絡めます。
  6. 皿に盛り付け、ブラックペッパーを好みでふりかけたらできあがりです。

食物繊維たっぷり&ヘルシーなキノコと豚肉にバルサミコ酢ソースをかけたアンチエイジング効果が期待できる素敵な一品ですよ。

スポンサーリンク

★バルサミコ酢でカラフルパプリカマリネ

バルサミコ酢でカラフルパプリカマリネ

画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/pinpinken/35590304.html

◎材料◎

  • パプリカ・・・(赤、黄またはお好みでオレンジ)各1/4個
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • バルサミコ酢・・・大さじ1
  • はちみつ・・・大さじ1/2
  • しょう油・・・小さじ1

◎作り方◎

  1. 先にバルサミコ、はちみつ、しょう油を混ぜ合わせておきます。
  2. パプリカを横半分にし、マリネに漬かりやすいよう薄くスライスします。
  3. 熱くしたフライパンにオリーブオイルをひき、中火でパプリカを少し焦げ目がつくくらい炒めます。
  4. ほんのりと焦げ目がついたらマリネ液をフライパンへ入れ、約1分煮立たせてから火をとめます。
  5. 粗熱が取れたら冷蔵庫へいれ冷やします。作った当日に食べても美味しいですが、味がなじむ翌日のほうがもっと美味しいですよ。
  6. お弁当や食卓にカラフルな簡単カラフルな一品です♪

簡単でササッと出来ちゃう作り置き、たくさん作って常備しておいてもいいですよ。

★夏野菜&鶏むね肉のヘルシーバルサミコ酢炒め

バルサミコ酢炒め

画像引用元:https://cookpad.com/recipe/4551711

◎材料◎

  • 鶏むね肉・・・1枚
  • パプリカ・・・1/2個
  • エリンギ・・・2本
  • ナス・・・1本
  • ブロッコリー・・・1房
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • バルサミコ酢・・・大さじ2
  • 白ワイン・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1
  • 塩コショウ・・・少々
  • サラダ油(オリーブオイルでも可)・・・大さじ2

◎作り方◎

  1. 鶏むね肉を一口大にカットし、サラダ油をひいたフライパンで炒めます。
  2. 火が通ったら全て一口大に切ったパプリカ、エリンギ、なすを加えます。
  3. 調味料として準備したオリーブオイル、バルサミコ酢、白ワイン、塩、塩コショウを加えて少し炒めます。
  4. フライパンの蓋をして、野菜を蒸し焼きにするようにし、全体に火が通ったら、一口大に切ったブロッコリーを加えて、また蓋をします。ブロッコリーに火が通れば出来上がりです。

旬の食材とバルサミコ酢で暑い夏も乗り切れる元気が出る一品です。最後にレモンを絞って入れるとまたフルーティな香りがいい感じになりますよ♪

ワインビネガーとの違いについて

バルサミコ酢とワインビネガー

画像引用元:https://www.alicey.jp/article/60151

バルサミコ酢とワインビネガー、どちらも原料はブドウですが違いは【製法】にあります。バルサミコ酢は熟成させたもの、ワインビネガーは酵母を加えて発酵させたものなんですよ。

バルサミコ酢のエイジング効果は女性にはとっても嬉しいですね♪ドレッシングやソースなど使い勝手も良さそうです。難しく考えずに普段の料理にチョイ足しして取り入れたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする