酢味噌の作り方!栗原はるみさんの人気アレンジレシピも紹介♩

酢味噌

夏バテで食欲がない。そろそろそんな人が増える時期になりましたね。8月中旬から9月の終わり頃まではどうしても夏の疲れが出てしまい食欲も落ちるんですよね。

食欲が無いときこそ!しっかり食べなければいけません。そういう時はさっぱりしたものを選ぶといいですよ。

今回はそんな夏バテさんにオススメの酢味噌をご紹介します。お酢でさっぱり疲労回復

スポンサーリンク

酢味噌の簡単な作り方について

酢味噌の味

酢味噌は簡単に出来るおふくろの味。野菜や魚介類などと和えるだけでさっぱりとした一品になります。またお酒のおつまみにもぴったりなので晩酌のお供にも最適ですよ。

最近では酢味噌そのものがパウチになってスーパー等で販売されていますが、やっぱり手作りが一番美味しいですよ。簡単に出来るのでぜひ作ってみてください。

【材料】

  • 味噌 大さじ4
  • 酢 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • 練り辛子 小さじ1

【作り方】
全ての材料をミキサーで撹拌または鍋で練り上げるだけ!

手作りだと自分好みの甘さに調整出来て食材によって使い分けも出来ますよ。ミキサーで混ぜれば時間もかかりません。丁寧に仕上げたいときは鍋で練り上げるといいですねよ。

酢味噌和えにおすすめの野菜とは?

酢味噌和え 野菜

酢味噌和えといえば「ぬた和え」が一番に思いつきますが、基本 何でも合うと思います。

わらびやつくしなどの山菜や、菜の花や春菊、水菜などの野菜でも美味しいですね。他にはきゅうりやナス、ゴーヤ、オクラといった夏野菜もおすすめです。変わったものでいうと「行者ニンニク」も美味しいですよ。

ぜひお好きな野菜を和えてみましょう♪

スポンサーリンク

栗原はるみさんの酢味噌レシピ3選

大人気の栗原はるみさんのレシピをご紹介♪和える食材を変えればそれぞれ違った味わいになりますよ。

《イカとそら豆》

イカとそら豆

画像引用元:https://www.yutori.co.jp/recipe/?_action=detail&recipe_id=378

【材料】4人分

  • 刺身用イカ 100g
  • そら豆 正味200g
  • すだち
  • 酒 少々
  • 塩 少々
    《A》
  • 西京みそ 大さじ3
  • 砂糖 大さじ½
  • 酢 大さじ1
  • しょう油(薄口) 少々
  • 辛子 少々
  • 粉山椒 適量

【作り方】

  1. イカは1cm幅の浅い切り込みを縦に入れましょう。出来たら5cm幅に切り3、厚さmmの斜め削ぎ切りにしてください。
  2. 湯を沸かして酒を入れたらイカを加えてサッと湯どうしします。ザルに上げて水気を切っておきましょう。
  3. そら豆は皮を剥いたあと熱湯(塩入り)で2~3分湯がきます。ザルに上げて粗熱を取ってから薄皮を剥いてください。
  4. ボウルに《A》を入れてしっかり混ぜ酢味噌を作ります。
  5. 器にイカとそら豆を盛りつけたら酢味噌をかけて完成です。お好みですだちを絞ってどうぞ。

《ほうれん草とあさり》

ほうれん草とあさり

画像引用元:http://mayukitchen.com/vinegared-miso-mustard/

【材料】4人分

  • ほうれん草 1束
  • あさり 1パック(400g)
  • 酒 大さじ2
    《A》
  • みそ 大さじ2
  • 砂糖 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 酢 小さじ1
  • すりごま 大さじ2
  • 辛子 少々
  • しょうが、すだちはお好みで

【作り方】

  1. 砂抜きをしたあさりはこすり合わせてしっかり洗ってから水気を切りましょう。
  2. 鍋にあさりを入れたら加熱し、鍋が熱くなってきたら酒を加えて蓋をして蒸し煮にします。あさりの殻がほぼ全部開いてきたら火を止めてそのまましばらく置いておきましょう。
  3. あさりの粗熱が取れたら殻から身を外してもう一度鍋に戻して冷ましましょう。この時、鍋に残った蒸し汁は捨てないこと!
  4. ほうれん草は湯がいてから4~5cmに切って水気を切りましょう。
  5. ボウルに《A》を入れてしっかり混ぜ合わせておきます。
  6. 別のボウルのほうれん草とあさりを入れて酢味噌を加え軽く和えたら完成です。器に盛ってお好みでしょうやすだちをどうぞ。

《イカげそとわけぎ》

酢味噌のレシピ

【材料】4人分

  • 刺身用のイカ足とエンペラ 2杯分
  • わけぎ 1束
  • わかめ 100g(もどしたもの)
  • ショウガ 1片
  • すだち
  • 酒、塩 少々
    《A》
  • みそ 大さじ4
  • 砂糖 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 酢 小さじ2
  • 辛子 少々

【作り方】

  1. イカの足とエンペラを沸騰した湯でさっと湯がきます。この時、イカの足の先端は先に切り落とし、湯には酒を入れておきましょう。ザルに上げて水気を切った後、食べやすい大きさに切ります。
  2. わけぎの両端を切り落としたら塩を加えた湯で軸から茹でていきます。1分程茹でたら冷水にかけて冷やし、水気を切ったら半分にカット。包丁の背を使ってわけぎの内側のぬめりを取りましょう。損後3~4cmに切っておきます。
  3. わかめは食べやすく切っておきましょう。
  4. 《A》をしっかり混ぜて酢味噌を作ります。
  5. ボウルのイカとわけぎ、わかめを入れ、酢味噌を適量加えて和えましょう。器に盛り、おろししょうがとお好みですだちを添えたら完成です。

野菜 酢味噌

酢味噌は野菜だけでなく、魚介類との相性もばっちりです。また酢味噌にごまやにんにくなどのアレンジを加えても美味しいですね。

今年も残暑が厳しくなるようですのでしっかりとご飯を食べて乗り切りましょう!お酢は疲労回復にはもってこいなんですよ♩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする