黒酢生姜の作り方や効果は?副作用の症状はこれ

黒酢生姜の効果

黒酢生姜は、ネット上で最近話題のヘルシーな食品です。家庭でも簡単に作れるので、すぐに試すことができます。

黒酢生姜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているので、新陳代謝や免疫力をアップさせる効果が期待できます。また、抗菌作用もありますので、風邪が流行る時期には重宝します。

作り方や効果、副作用は後半でチェック♪

スポンサーリンク

黒酢生姜の作り方はこちら

黒酢生姜のレシピ

気になる作り方ですが、用意するのは黒酢と生姜。飲みやすくするためにはちみつを加えるのがおすすめです。

まずは生姜100gを皮付きのままみじん切りにして清潔な瓶に入れます。次に黒酢100gとはちみつ20gを加えよく混ぜます。あとは1日おくだけ。

そのまま食べても良いのですが、調理の隠し味に使うと味に深みを出してくれます。

黒酢生姜の効果や効能は?

黒酢の効能

黒酢生姜の効果はまず、ダイエットをサポートする効果。新陳代謝を向上させ脂肪を燃やす手助けをしてくれます。また免疫力を挙げてくれるため、ダイエット中の体調を崩しやすい時期には嬉しい効果があります。

次に血液サラサラ効果。黒酢に含まれるクエン酸やアミノ酸には血液中の中性脂肪を抑える働きがあるので、血液をさらさらにしてくれます。体の血の巡りがよくなり、美容にも良い効果が現れます。

さらには糖尿病の予防まで効果的です。黒酢に含まれるアミノ酸、生姜に含まれる亜鉛はインスリンの原料となるため血糖値の安定に効果があり、糖尿病にも良い効果があるようです。

副作用や注意点について

黒酢生姜 飲み方

副作用としては、濃度の濃い黒酢生姜を摂取すると胃を痛めてしまう可能性があること。飲むときには10倍以上に薄めて飲むようにしてください。空腹時を避けることも心がけていただきたい点です。

また、黒酢の酸が歯にダメージを与えることがあるとのこと。冷たいものが歯にしみたり、虫歯のような痛みが出ることがあります。黒酢生姜を取ったら30分以上経ってから歯磨きをすることをおすすめします。

体にいい効果がたくさんあるので、副作用などに注意しながら摂取していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする