フルーツビネガーの人気レシピは?ヒルナンデスで紹介され話題に!

フルーツビネガー

玉ねぎ酢やトマト酢など、お酢を使った健康レシピが話題になっています!

お酢が苦手な人でも使いやすい「フルーツビネガー」がヒルナンデスで取り上げられてからというもの、人気が急上昇しているのをご存知ですか?

今回は、フルーツビネガーの作り方やアレンジレシピをご紹介いたします。

スポンサーリンク

フルーツビネガーの作り方は?

フルーツ酢の作り方

まず1つ目が、耐熱容器を使って1日で完成するフルーツビネガーです。材料は、好みのフルーツ200g、酢400ml、氷砂糖 150〜200gです。容器は耐熱瓶を使用します。

はじめに、瓶にフルーツを入れます。小さいものならそのままで大きいものは適当に切ります。つぎに、瓶に氷砂糖と酢を注ぎます。

さいごに、電子レンジでほんのり温かくなるまで加熱します。600Wで1分が目安です。瓶をそのまま常温で1日置いたら完成です。

牛乳や炭酸などで割るとよりおいしく飲むことができます。注意点は、「耐熱の容器を使用すること」と「電子レンジで加熱する際にフタを外すこと」だけです。

フルーツビネガー 飲み方

2つ目は、じっくりと1週間かけて漬けるタイプのフルーツビネガーです。材料は、好みのフルーツ100g、好みの酢100cc、好みの砂糖100gです。容器は煮沸消毒したガラス容器を使用します。

作り方は、ガラス容器にフルーツ、お酢、砂糖を全て入れて1週間ほど待つだけです。出来上がったら冷蔵庫で管理します。基本の分量は1:1:1ですが、お酢を割合を2にしてもおいしくできます。

いろんなフルーツを入れて作ると彩りもきれいで、アイスなどにかけるとそれだけでワンランク上のデザートが楽しめます。

効果的な飲み方や時間帯について

効果的な飲み方

せっかくフルーツビネガーを飲むのなら、やっぱり効果的に飲みたいものですよね。フルーツビネガーの効果を上げるためには、効果的な飲み方をしましょう。

体にいいからといって、たくさん飲めばいいというわけではありません。フルーツビネガーの効果を上げるための1日の摂取目安量は、「15ml(大さじ1杯)」です。

これを1回で飲んでも問題はありませんが、飲みにくかったり、胃への負担を考えると、15mlを朝・昼・晩の食事時に分けて飲むことをお勧めします。

飲む時間帯は、朝・昼・晩の食事時の、食中か食後が最適です。これは、食後の血糖値を抑制するお酢の効果を最大限に発揮させるためです。

逆に、お酢には食欲増進の作用もありますので、ダイエット中の方は食前に飲まないように気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

フルーツビネガーを使ったレシピを紹介!

ここでは、キューピーから発売されているフルーツビネガーを使ったレシピを6つ、ご紹介します!

◇トマトとベビーリーフのサラダ

トマトとベビーリーフのサラダ

簡単・あっさり・美味しいサラダです。フルーツビネガーとチーズのコクの組み合わせは、クセになる味ですよ♩

【材料】2人分
・トマト 1個
・ベビーリーフ 1パック
・紫玉ねぎ 1/4個
・カッテージチーズ 大さじ4
・芳醇白ぶどう酢とグレープフルーツ酢 大さじ2

【作り方】
1.紫玉ねぎを薄切りにして水にさらし、水気をよく切ります。
2.一口大にトマトを切ります。
3.ベビーリーフを器に盛り付け、その上に1・2をのせます。
4.カッテージチーズを振りかけて、芳醇白ぶどう酢とグレープフルーツ酢をかければ完成!

あっという間に美味しいサラダの出来あがりですよ♪

◇紫キャベツと赤パプリカのマリネサラダ

紫キャベツと赤パプリカのマリネサラダ

材料も少なく、手軽に作れるサラダです。さっぱりした口当たりで、見た目も鮮やか、栄養も満点ですよ♪

【材料】2人分
・紫キャベツ 2枚
・赤パプリカ 1/2個
・芳醇白ぶどう酢とグレープフルーツ酢 大さじ2

【作り方】
1.5㎝角に切った紫キャベツと赤パプリカをボウルに入れて、芳醇白ぶどう酢とグレープフルーツ酢で和えれば出来あがり!

こちらも手間いらずのサラダです。フルーツビネガーで和えた後、時間を置くと味の変化が楽しめますので、お好みの味を見つけて下さいね♪

◇ほたてとトマトのサラダ

ほたてとトマトのサラダ

リンゴとレモンのほんのりとした甘さがホタテに合います!!すっきりとした味わいのサラダです♩

【材料】2人分
・きゅうり 1/2本
・プチトマト 4個
・ホタテ 4個
・チャービル 適量
・芳醇りんご酢とレモン酢 大さじ2

【作り方】
1.きゅうりとトマトは輪切り、ホタテは5㎜の薄切りにします。
2.(1)をお皿に盛り付け、芳醇りんご酢とレモン酢を回しかけて、チャービルを添えれば出来上がりです!

フルーツビネガーと魚介がよく合います。プチトマト2個を黄色の物にすれば、とってもカラフルで見た目も美味しいですよ!オリーブオイルをかければ、さらに美味しさアップです♪

スポンサーリンク

◇アボカドと新玉ねぎのマリネサラダ

アボカドと新玉ねぎのマリネサラダ

栄養価の高い野菜とフルーツビネガーのサラダです。アボカドをサラッと食べたい時は、オススメですよ。

【材料】2人分
・きゅうり 1/2本
・新玉ねぎ 1/4個
・アボカド 1/2個
・芳醇りんご酢とレモン酢 大さじ2

【作り方】
1.きゅうりを半月切りの斜め薄切りにします。
2.新玉ねぎを1㎝角、アボカドを1.5㎝角に切ります。
3.(1)をボウルに入れて、芳醇りんご酢とレモン酢で和えれば完成です!

こちらもオリーブオイルをかければ野菜の美味しさが引き立ちます。アボカドをあっさりとした味わうことができますよ♪

◇ロメインレタスとベーコンのサラダ

ロメインレタスとベーコンのサラダ

濃厚な風味のバルサミコ酢を存分に味わえるサラダです。ガッツリ食べられるサラダをお好みの方にはオススメです!

【材料】2人分
・ロメインレタス 3枚
・マッシュルーム 4個
・厚切りベーコン 60g
・粉チーズ 大さじ1
・オリーブオイル 適量
・大麦黒酢とバルサミコ酢 適量

【作り方】
1.水にさらしてしっかりと水気を切ったロメインレタスを4㎝くらいの長さに切ります。
2.軸を取ったマッシュルームを8㎜の薄切りにします。
3.ベーコンは1㎝ほどの拍子切りにします。
4.オリーブオイルで(2)(3)を炒めます。
5.お皿に盛りつけたロメインレタスの上に(4)をのせ、大麦黒酢とバルサミコ酢と粉チーズを描ければ出来あがりです!

あっさりとしたサラダとはひと味違う、ボリューム感と濃厚な味わいが楽しめますよ♪

◇夏野菜のマリネサラダ

夏野菜のマリネサラダ

夏野菜を焼いてフルーツビネガーでいただくサラダです。焼くことで引き出された野菜の甘みとバルサミコ酢の濃厚な味わいが楽しめますよ!

【材料】2人分
・かぼちゃ 80g
・なすび 1本
・ズッキーニ 1/3本
・赤パプリカ 1/4個
・オリーブオイル 適量
・大麦黒酢とバルサミコ酢 適量
 
【作り方】
1.かぼちゃを5㎜幅のくし型の半分に切ります。
2.なすびとズッキーニを1㎝幅の輪切り、赤パプリカを細切りにします。
3.オリーブオイルで(1)(2)を焼きます。
4.(3)と大麦黒酢とバルサミコ酢を和えあれば完成です!

野菜を焼くひと手間で、野菜とフルーツビネガーの美味しさが引き出されます。アツアツも美味しいですが、冷蔵庫で冷やせばまた違った美味しさが味わえますよ♪

酢の効能

お酢は体脂肪をつきにくくしたり血糖値上昇を抑える効果などがあり、健康に非常に良い食べ物ですがクセがあるため毎日摂るのは大変です。

このようにフルーツビネガーにすればまったりと甘い飲み口になり、定期的に摂取することも簡単になります。毎日フルーツビネガーを飲んで美しく健康になりましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする