レモン酢の効能・効果は?人気の作り方はこちら

レモン酢の効果

酸っぱいけどサッパリした後味が人気のレモン酢

そのままだと食べにくいものでも、レモン酢にすることで他の料理に使えたりして、摂取方法の幅が広がります♩

ここでは、効果や効能、作り方などをご紹介していきますね!

スポンサーリンク

レモン酢の効能や効果は?

お酢ダイエット

レモン酢の効能や効果は、クエン酸と酢酸、アミノ酸の3つの酸によってダイエットや健康面など有利に働く効果があります。

◎クエン酸
クエン酸は、糖を分解してエネルギーに変える働きと体内の活性酸素を取り除く働きがあるので、肌や血管、各器官などを若返らせ、新陳代謝の活性化やアンチエイジングなどの効果があります。それぞれの効果はこちら!
◎酢酸
酢酸は脂肪を蓄える白色脂肪細胞の働きを抑える働きと、血圧の調節に関わるレニン・アンジオテンシン系というホルモンの働きを抑える働きがあるので、ダイエットや高血圧の改善などの効果があります。
◎アミノ酸
アミノ酸は、体内に入るとリパーゼという脂肪燃焼酵素が増える性質を持っているので脂肪の分解を後押しする働きと、脳の働きを整えるドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質を作る働きがあるので、ダイエットやリラックス効果があります。

これらの他に、レモン酢にはポリフェノールやビタミンC、ペクチン、リモネンなどの成分が含まれていて、血流改善、便秘解消、疲労回復、免疫力アップなどの効果があります。

レモン酢の作り方やレシピ

レモン酢の作り方

ここでは、簡単なレモン酢の作り方をご紹介します♪

準備段階として、レモンを水洗いするのですが、表面に農薬やワックスなどが付着している可能性があるので、重曹などを使って完全に除去してから使い、重曹が無い場合は50℃程度のお湯に漬けて擦り洗いをすると簡単に除去できます。

【作り方】
①レモンを皮が付いたまま1cm程度の輪切りにします。

②滅菌した瓶などの保存容器にレモンと氷砂糖を入れます。(氷砂糖の量はレモン2個に対して約140g程度で、氷砂糖が無い場合は上白糖でも代用できます。)

③レモンが浸かるくらいまで酢を入れます。(酢は米酢やリンゴ酢、黒酢など好みに応じて使ってくださいね)

④氷砂糖が完全に溶けるまで常温で保存し、氷砂糖が溶けたら冷蔵庫で保存します。

長く漬ければ漬けるほど味は濃くなりますが、2週間程度で完成します。簡単に作れるのでぜひ作ってみてくださいね♪

スポンサーリンク

レモン酢の口コミや評判はこちら

レモン酢 食べ方

レモン酢 口コミ

酢レモンの作り方

レモン酢を料理に入れたり、炭酸水などで割って飲んだりと楽しみ方はいろいろ♪

ダイエット効果を感じている人も多く見られたので、ダイエット中の方もぜひ取り入れてみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする