酢の捨て方はどうするの?食用以外の使い方もおすすめ!

酢の捨て方

みなさんは賞味期限が切れてしまったり、余ってしまった「酢」をどうしていますか?

今回は「酢」の正しい捨て方や、食用以外のオススメの使い方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

酢の正しい捨て方について

酢の種類

調味料には色々な種類がありますが醤油やみりんなどと比べると「酢」は頻繁に使うことが少ないですよね…。まだ沢山中身が入っているのに賞味期限が切れてしまっている…なんてことはありませんか?

捨てるにしてもそのまま排水溝に流してしまうと環境に良くないですよね。「酢」のように液体の調味料を捨てる時は、家にある新聞紙や牛乳パックを使って燃えるゴミとして捨てるようにしましょう。

〈準備する物〉

  • 牛乳パック
  • 新聞紙
  • ガムテープ
〈正しい捨て方〉

  1. 空の牛乳パックを用意します。
  2. 牛乳パックの中にクシャクシャにした新聞紙を入れます。
  3. 中に酢を入れ牛乳パックの口をガムテープなどでしっかりと閉めます。
  4. 液体がもれてしまっても大丈夫なように袋を2重にしてしっかりと縛ります。
  5. 後は燃えるゴミに出すだけでOK!

スポンサーリンク

食用以外の使い方はこちら

酢の使い方

酢は弱酸性なので、お掃除にも使えるんですよ!汚れをピカピカに落としてくれるので、洗剤いらず♩賞味期限を気にする必要がないので、ぜひ掃除に使ってみてください!使い方はこちら♩

■水回りのお掃除に
酢と水を半々に薄めてスプレー容器に入れれば簡単にお掃除用洗剤が作れます。気になる場所にシュシュッとスプレーして歯ブラシなどで磨けばピカピカになりますよ。酢で出来ているのでキッチン周りのお掃除にも安心して使えますね。
■排水溝掃除に
キッチンや洗面所などの排水溝に重曹をふりかけ、1カップの酢を入れるだけ!30分程置き水で流せばヌルヌル汚れがスッキリしますよ!
■匂い消しに
スプレー容器に酢を入れて、生ゴミにシュシュッとすれば気になる匂いもなくなります!匂いの気になるトイレや魚焼きグリルなどはタオルに酢を付け拭き掃除すると効果的です!

酢シャンプーがフケや抜け毛に効く!?

酢のシャンプー

頭皮環境が悪いとかゆみやフケの原因といわれるマラセチア菌が増えてしまい頭皮トラブルに繋がってしまいます。

市販されているシャンプーなどは洗浄力が高く、皮脂が取れすぎて乾燥してしまいますが、酢は弱酸性で余分な皮脂だけを取り除く作用があるため乾燥を防ぎ、フケやかゆみの改善に効果的です。

また、酢には凝り固まった皮膚を柔らかくする作用もあります。皮膚が柔らかくなることで血行も良くなり、抜け毛防止にも役立ちますよ!

酢はお掃除にも、シャンプーとしても使えるので、食用だけで使うのはもったいないような気がしてきますよね!余ったお酢はそのまま捨てずに、是非みなさんも一度試してください♩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする