汗や体臭予防にリンゴ酢がおすすめ!お酢が苦手な場合はどうする?

汗のニオイ

どんなにしっかりケアしていてもつい気になってしまうのが汗のニオイですよね。特に夏場は汗を掻くことも多くなるのでいつも以上に気になってしまう人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな気になる汗のニオイを予防する方法をご紹介します。それはなんとりんご酢を使うんだとか!手軽に出来るのでちょっと試してみるのもいいですね♪

スポンサーリンク

アポクリン腺から出る汗は臭いやすい?

アポクリン腺 汗

汗がにおってしまう原因は汗腺や質と言われています。汗腺は「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つがあり、アポクリン腺から出る汗がにおうのだそうです。

というのもエクリン腺から出る汗は水分が99%に対し、アポクリン腺から出る汗はタンパク質やアンモニア、脂質といったものが含まれる為におってしまうようです。

アポクリン腺から出る汗というのは皮膚の雑菌に分解されます。するとワキガ臭となります。雑菌によって発生しますので、汗をかいたらこまめに拭くなどして通気をよくしましょう。

また、動物性脂肪を多く摂っているとアポクリン腺が刺激されてさらにニオイが強くなることもあるそうですよ。

体臭にリンゴ酢が効くってホント?

リンゴ酢 体臭

そもそも汗が臭くなる体質の原因はアンモニアです。体内で発生したアンモニアが汗に含まれ、その含有量が高くなるにつれ体臭もきつくなります。言い換えれば、このアンモニアの含有量を下げてあげれば体臭の予防や軽減になるということです。

アンモニアは体内に乳酸が増えると増加します。この乳酸を効率よく分解するのが「クエン酸」です。クエン酸はビタミンB1がたっぷりある状態でさらに効果を発揮します。

そしてリンゴ酢と黒酢にはビタミンB1が豊富に含まれているんですよ。よってリンゴ酢や黒酢を飲むことで乳酸が分解され、アンモニアが減少し、体臭が抑えられるということですね。

リンゴ酢の飲み方

ちなみに飲めば飲むだけ効果が出るわけではありません。毎日少量飲むことにより、ニオイにくい体質を目指すということです。また、原液のまま飲むと胃が荒れることもありますので水や炭酸で薄めるなどして飲んでくださいね。

スポンサーリンク

お酢が苦手な時の対処法は?

ミツカンのりんご酢など普通の米酢や穀物酢などに比べて飲みやすいりんご酢も多いですが、中には「そもそも酢が苦手!」という人もいますよね。そんな皆さんは他の方法を試してみましょう。

リンゴ酢や黒酢のサプリメント

リンゴ酢のサプリメント

例えばリンゴ酢や黒酢のサプリメントです。サプリメントなら酢が飲めなくても大丈夫!他にもクエン酸やビタミンB1のサプリメントでも同様の効果が得られますよ。

日ごろ運動をしている人や疲労が溜まっている人は酢よりもクエン酸とビタミンB1のサプリメントの方がより効果的かもしれません。

リンゴジュース

リンゴジュース

サプリメント以外ではリンゴジュースも多少効果があるようです。とはいえリンゴ酢ほどクエン酸は含まれていませんので、リンゴ酢をリンゴジュースで割るといいかも!飲みやすくなりますよ。

リンゴ湿布

リンゴ湿布

画像引用元:http://www.joseishi.net/2017/05/27/30024/

そもそもリンゴ自体に消臭効果があると昔から言われています。そしてリンゴの繊維がワキガを予防するというのも分かりました。ということで今一番のおすすめはリンゴを使った【リンゴ湿布】です!

リンゴ湿布は、すりおろしたリンゴを使います。お風呂上りなど清潔な状態で約10分おろしリンゴをあてるだけ。10分経ったらふき取って終わりです。これにより脇の雑菌が繁殖しにくくなり、気になっていたワキガ臭がグッと軽くなります!

ワキガの原因であるアポクリン腺から出る汗にはアポ蛋白が含まれています。リンゴの繊維はこのアポ蛋白の生成を抑えるというんです!方法はとっても簡単なので試してみてはいかがでしょうか?

いくらケアしていても気になるニオイ。リンゴが効果的だったなんて驚きですね!リンゴ酢なら疲労回復にもいいので一石二鳥ですよ。リンゴ湿布も試してみて欲しいですね♪

夏場は特にニオイに敏感になってしまいますが、少しでも気にならないように抑えることが出来たら気持ちも楽になりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする